AGAスキンクリニック 副作用

プロペシア、ファイザーの副作用

薬には副作用があり、完全に安全な薬は存在しません。最近は薄毛を治療する病院も増えてきましたが、薬を使うならどうしても副作用は避けられないのです。

 

AGAスキンクリニックで使われているオリジナル治療薬のRebirth(リバース)、厚生労働省から認可されているプロペシアザガーロ、そしてプロペシアの正規のジェネリック医薬品であるファイザーですね。

 

まずプロペシア、そしてそのジェネリック医薬品のファイザーの副作用ですが、眠気や頭痛、下痢など薬でよく見られる症状が出ることもあります。何より問題なのは男性機能の低下で、EDに繋がるケースもあるのでパートナーの人がいるなら慎重に取り扱う必要があるでしょう。

また、プロペシアに含まれているフィナステリドは胎児にとっては非常に危険な成分で、胎児危険度分類で最上位に位置しています。飲むのが問題なだけでなく、触るだけでも危険なので、妊婦のパートナーがいる人は最も注意したいポイントです。

血管に作用するRebirth(リバース

ザガーロの方も副作用はプロペシアと似ていて、男性機能の低下やEDなどが見られます。また、妊婦の人にとって危険な点も同じなので、取り扱いには細心の注意を払う必要があるのです。

 

ザガーロを服用した結果、逆に一時的な脱毛が起こるケースも確認されているので、副作用についてはしっかりと説明を聞いてください。

そしてAGAスキンクリニックオリジナルのRebirth(リバース)ですが、こちらもフィナステリドが含まれているので妊婦の人にとっては危険なものです。

 

そして、Rebirthにはミノキシジルが配合されていて、こちらは血管を拡張させる効果があります。本来は高血圧改善のためのものなので、血圧が下がり動悸や倦怠感、めまいなどが起こることがあると報告されているのですね。

 

既に高血圧の薬を飲んでいたり、元々血圧が低い人の場合は必ず事前にそのことを伝えて判断を仰いでください。プロペシアやザガーロと同じく男性機能の低下、性欲減退などが起こる人もいるので、カウンセリングではこの辺りもしっかり確認したいところです。

AGAスキンクリニックの副作用への取り組み方

AGAスキンクリニックで人気の高いDr’sメソに関しては、ほとんど副作用の心配はありませんが、まれにかぶれや蕁麻疹など皮膚トラブルの副作用が起こる場合があります。

 

AGAスキンクリニックも副作用の方は把握していて、しっかり副作用の管理をしてくれているので安心して治療を受けられるのです。ただ薬を処方するだけではなく、通院のたびに問診、頭皮チェックがあるので、仮に副作用の症状のようなものが見られるならすぐに相談しましょう。